審美セラミック

電話でのお問い合わせ 03-5228-4618

江戸川橋駅より徒歩1分

無料MAIL相談

24時間WEB予約

キービジュアル

時間をかけずに「理想の歯」に。
あなたの魅力を一層引き立たせます。

  • 歯並びだけではなく、歯の「形/色」も整える
  • 「身体に優しい」素材の使用

歯並びと同時に歯の色・形も整える「セラミック矯正」

画像

セラミック矯正は、セラミックの被せ物で歯並びだけではなく、歯の形までも整える治療法です。通常の矯正治療のように、矯正装置を使用しないため、短期間で治療を終えられます。

また、歯の色や形までも患者さんの理想に近づけることができるため、美しい口元を創ることが可能です。

歯列矯正とセラミック治療の比較を下記にまとめましたので、ご覧ください。

歯列矯正とセラミック矯正の比較

治療期間

治療法

その他

矯正治療

画像

2~3年

矯正治療

・「抜歯」が必要なケースあり
・歯並びの「後戻り」リスクあり

セラミック矯正

画像

1回~3回

セラミックの被せ物

●抜歯は不要
●歯の色/形も調整できる
●歯を削る必要がある

ご覧のように、セラミック治療には歯列矯正にはないメリットがたくさんあります。しかし、気を付けていただきたいのは、どのような治療法にもメリットがあればデメリットも存在するということです。

セラミック治療の場合、歯を削る必要があります。そのため、健康な歯を削ることに抵抗がある人は、歯列矯正をお勧めしています。歯列矯正についての詳細は「大人の歯並び矯正」のページをご覧ください。

「カウンセリング」の徹底

画像

セラミック矯正は、歯並びだけではなく歯の形や色までも整える治療です。そのため、患者さんの理想を共有することが大切です。当院では、カウンセリングを徹底し、お一人おひとりに最適なセラミック治療をご提案します。具体的な治療工程や被せ物の種類については、白い詰め物・被せ物のページに詳細がございますので、ぜひご覧ください。

セラミック矯正の「注意点」

画像

どのような治療法にもメリットがあればデメリットが存在します。セラミック矯正は短期間で歯並び、歯の色、形を整えることができる一方で、次のようなデメリットがあります。

●歯列の状態によって「矯正治療」と併用になる
●歯肉の位置によって「歯肉整形」が必要になる
●歯の神経を故意的に「抜く」場合がある
●「抜歯」が必要な場合がある
●歯を削るため、歯が脆くなってしまうリスクがある
●歯茎が下がってしまった場合、歯と歯茎の付け根が目立つことがある
●お口の状態によっては適応できないケースがある

当院では治療に際して、メリット・デメリットの双方を包み隠さず丁寧にお伝えし、患者さんが納得して治療を受けられるよう努めています。
不明点疑問点があれば、どうぞお気軽にご質問ください。

セラミック矯正に「向いている人」

画像

ここまでセラミック治療のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。治療法を選択するのは患者さんですから、ご自身の治療に対する考えやライフスタイル等に合わせて最適な治療をお選びいただきたいと思います。

参考として、次のような方は通常の矯正治療よりもセラミック矯正をお勧めします。

「短期間」で歯並びを整えたい方
気になる「部分だけ」を整えたい方
「矯正装置」の装着を避けたい方
歯並びだけではなく、歯の「白さ」、歯の「形」まで総合的に整えたい方
矯正治療中の「痛み」を回避したい方

「ガミースマイル」の治療

画像

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎が極端に露出する症状のことを指します。ガミースマイルの原因はさまざまですが、主に次のことが原因となるケースが多いとされています。

・歯の長さ/並びの位置が原因のケース
・上顎骨の発達が原因のケース
・上唇の筋肉が原因のケース
・遺伝的な原因のケース
・過蓋咬合が原因のケース

ガミーのスマイルであることが気になり、人前で笑うのをためらったり、口元を手で隠すのが癖になってしまう方もいらっしゃいます。しかし、このガミースマイルは歯科医院で治療が可能です。当院では、患者さんの症状や原因、程度に応じて、最適な治療法をご提案しております。
具体的な治療法は次の通りです。

ボトックス注射

画像

上唇の筋肉の収縮をボトックス注射によって抑制します。上唇挙筋(じょうしんきょきん)と呼ばれる筋肉に注射をするだけですので、患者さんの負担も比較的少なく済みます。

歯肉の形成治療

画像

レーザーを使用して歯茎の形を整えていきます。歯が歯茎に埋まって短い場合に有効な治療法です。

歯肉と歯槽骨の形成治療

画像

歯冠(歯の見える部分)を長く見えるよう外科処置を行うことでで、ガミースマイルを改善します。軽度から中度のケースで行います。

上唇粘膜に対する治療

画像

上唇の動きが過剰な場合に行う治療法です。具体的には、唇の内側にある余分の粘膜を切除し、上唇の動きを制限します。

歯肉と被せ物の併用治療

画像

歯茎のラインが、歯が短い、または歯の形が不均一によって目立つ場合に行う治療法です。

矯正による治療

画像

上顎の骨格が原因で骨ごと前に出ている、上唇がめくれている場合に有効な治療法です。

ガム歯肉ピーリング

画像

ガム歯肉ピーリングは、歯茎の黒ずみを改善する治療法です。特殊な薬剤を歯茎に塗布して、歯茎を健康的なピンク色に戻します。

「美しい」だけでは終わらない治療をお約束します

画像

美しさだけを求める治療は、時に食事の際にしっかりと噛めなくなるリスクがあるほか、頭痛や腰痛といった不定愁訴を招くことがあります。さらに、治療箇所が虫歯や歯周病になってしまい、最終的に歯を失ってしまうことも考えられます。

当院では、単に見た目を美しくするだけでなく、「歯の本来の働きを回復させ、全身の健康も考慮した治療」を行うことをお約束します。ご心配や疑問があれば、どんな小さなことでもお気軽にご相談いただければと思います。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

江戸川橋駅より徒歩1分

03-5228-4618

【診療時間】10:00〜14:00
15:00〜19:00
※土曜日は18:00まで

【休診日】水曜・日曜・祝祭日

このページの先頭に戻る