医院ブログ

電話でのお問い合わせ 03-5228-4618

江戸川橋駅より徒歩1分

無料MAIL相談

24時間WEB予約

キービジュアル

フッ化物洗口の虫歯予防の効果

2024年5月27日

こんにちは!

江戸川橋の歯医者「EBMデンタルクリニック」です!

今回はフッ化物洗口について紹介します。

フッ化物洗口とは?

洗口液で30秒 〜1分間うがいをする方法をフッ化物洗口といいます。
虫歯予防効果があるだけでなく、高い安全性も備えた優れた予防法です。

洗口液の使用方法

年齢と使用量の目安

洗口液は、年齢に合わせた使用量を守って使用しましょう。

フッ化物洗口で予防効果アップ!

フッ化物洗口を行うことで、虫歯予防の効果をアップさせることができます。

ですが、それだけでは虫歯は完全に防げません。

毎日のブラッシング(ホームケア)+定期検診(プロフェッショナルケア)

これらを組み合わせて、虫歯を予防ていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

歯の色・形・歯並びを整える『セラミック矯正』について

2024年1月31日

江戸川橋の歯医者「EBMデンタルクリニック」です!

今回は『歯の色・形・歯並びを整えるセラミック矯正』について

お話ししていきます。

セラミック矯正とは

セラミック矯正とは、変色しないセラミックの被せ物を利用した治療です。

歯を白くすることはホワイトニングと同じですが、その治療法や効果が異なります。

通常の矯正治療と比べ、時間と回数をかけずに、一気に歯並びを矯正し、あなたらしい美しい色と形の歯を表現できます。

治療方法と効果

《治療法》

歯を削り、セラミックの詰め物・被せ物を装着します。
時間の経過とともに白さが後戻りすることはありません。

《効果》

患者様が好む白さの被せ物等を装着できます。
また、「歯の形」「歯並び」も同時に整えることができます。

治療におけるデメリット

簡便に歯並びを美しく整えることのできるセラミック矯正ですが、下記の通り注意点やデメリットも存在します。

  • ・歯列の状態によっては矯正治療と合わせて行う必要がある
  • ・歯肉の位置によっては歯肉整形を要する場合がある
  • ・神経を故意的に抜かなければいけない場合がある
  • ・抜歯が必要な場合がある
  • ・歯を削るため、歯が弱くなってしまう
  • ・歯茎が下がってしまった場合、歯茎と歯の付け根あたりが目立ってしまう
  • ・対応できないケースもある(通常の矯正歯科の方が良い…など)

当院では治療の際には、注意点・デメリットにつきましても詳しく説明いたします。

「美しい」だけでは終わらない治療を

審美性だけを追求してしまうと、場合によっては食べ物をしっかり噛むことができなったり、不定愁訴と呼ばれる原因不明の「頭痛」「腰痛」などの問題を引き起こすことがあります。

また、治療した部位が虫歯や歯周病になってしまい、歯を抜かざるを得なくなるケースもあります。

当院では、美しい歯に治療するだけでは終わらず「歯本来の機能を回復させ、お口・身体の健康に寄与する治療」をお約束します。

*現在セラミック治療の診療ページを準備中です。公開しましたら、ぜひチェックしてみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

歯周病治療について

2024年1月31日

江戸川橋の歯医者「EBMデンタルクリニック」です!

今回は「歯周病」の治療についてお話ししていきます。

歯周病についての基礎をまとめた記事はコチラからチェックしてください。

《合わせて読みたい》知っておきたい歯周病のこと

歯垢や歯石を取り除く

歯周病は細菌による感染症です。

歯にこびりついた歯垢や歯石は、原因菌の塊といえます。

まず、これらをしっかり取り除くことが治療の基本となります。

症状に合わせた治療を

精度の高い治療を行うには、現在のお口の状態を正確に診断する必要があります。

当院ではCTを使った検査の診断結果をもとに、患者さんに合わせた最適な治療法を提案いたします。

歯周病治療に関する歯科用語解説

SC(スケーリング)

歯茎より上の表面の部分の歯石(縁上歯石)取りを意味します。

SRP(スケーリング(SC) + ルートプレーニング(RP))

歯茎より下の深い部分の歯石(縁下歯石)取りを意味します。

FOP(別名:フラップ手術)

歯周ポケット深部に付着した歯石を除去する手術を意味します。

最後に

私たち歯科医院での処置だけでは、歯周病を根治することはできません。
患者さんの協力が必要不可欠となります。

歯周病は「生活習慣病」です。

ご自宅で毎日歯みがきを続けていただき、歯科医院での定期的なメンテナンスに来ていただくことで、再発のリスクを防ぐことができます。

私たちと二人三脚で、歯周病の再発を防ぎましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

知っておきたい歯周病のこと

2023年12月28日

江戸川橋の歯医者「EBMデンタルクリニック」です!

今回は「歯周病」について正しい知識を身につけていきましょう。

歯周病とは?

主な症状として、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けることが挙げられます。

細菌の感染に起因する引炎症性の疾患ですが、歯周病は自覚症状がなく、気がついた時には手遅れだった…というケースが多い恐ろしい病気です。

主な特徴は下記の通りです。

● 歯周病は、歯を失くす原因No.1

● 痛み等の症状がないまま進行する

● 全身の健康にも悪影響を及ぼす

歯周病も虫歯と同様に症状毎に進行具合が分かれます。

今回は歯周病の進行具合を知っておきましょう。

歯周病の進行具合

《P1》軽度歯周病

○ 歯ぐきはまだ引き締まっている

○ 歯ぐきに赤いところが出てくる

○ 歯を磨くと出血する

○ 歯が浮いたような感じがする

○ 歯ぐきにかゆみを感じる

《P2》中等度歯周病

○ 歯ぐきが時々赤くはれて痛む

○ 歯ぐきから血や膿みが出る

○ 口臭が気になる

○ 冷たい物を食べると歯がしみる (知覚過敏)

《P3》重度歯周病

○ 歯ぐきがブヨブヨする

○ 歯ぐきから血や膿みがでる

○ 歯がぐらぐらする

○ 口臭がひどい 

○ 食べ物が噛みづらい

重度の歯周病でも諦めないでください

歯周病は改善させることができます。

必ず原因があり、症状に応じた治療方法がありますので、全力を尽くし、最善の手段をご提案いたします。

次回の記事では、進行具合に合わせた治療方法の詳細を紹介していきます。

当院の歯周病に関するページもぜひご覧ください。

https://www.ebm-dc.com/perio/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

歯科検診の大切さ

2023年12月26日

こんにちは!

EBMデンタルクリニック本部「MEDIQOLグループ広報チーム」です!

*本記事は広報チームのメンバーが執筆しています。

今回お伝えしたいのは『歯科の定期検診について』

皆さんは歯の定期検診に行っていますか?

結論からお伝えしたいのですが…

歯の定期検診は絶対に行きましょう‼︎

なぜなら「歯を守ること」は将来の自分への投資になるからです。

そんな大袈裟な…と、思うかも知れません。

正直、筆者もMEDIQOL(歯医者さん)に入社するまでそう思っていました。

しかし、定期検診に行った際に大きく考えが変わったんです。

その時のエピソードを少しお話しさせてください。

初期の虫歯は定期検診なら見つけられる

お恥ずかしながら筆者はMEDIQOLに入社(2022年頃)させていただき、歯の勉強をするまで、数年間歯医者に行っていませんでした。

注射とか…ドリルとか…歯医者って怖そうだったんです…

毎日の歯磨きは頑張っていましたし、歯が痛むこともなかったので『まぁいっか』なんて悠長に構えていました。

しかし、せっかく歯科医院の広報として入社したこともあり、歯科検診に行ってみることに。

そこで‼︎衝撃の事実が‼︎

そう!ちゃっかりと『危険』は潜んでいたんです‼︎

この時見つかった虫歯の進行具合は「C1」(*)

初期の虫歯で痛みもほとんどないため気付けませんでした。

https://www.ebm-dc.com/blogs/caries

(*虫歯に関する知識はこちらの記事をチェックしてみてください)

診療台で大人しくしていた筆者は思わず『嘘でしょ?!』と飛び跳ねるトコロでした。

本当にショックでしたが、幸いにして虫歯の進行具合は深刻ではなく、治療も軽度なレベルで済みました。

しかし、その後に歯科医師の先生から聞いたお話で背筋がゾクっとします。

虫歯や歯周病を放置するとどうなる?

  • 虫歯治療で削った天然の歯は2度と元に戻せません。
  • 『虫歯や歯周病が進行すると、最悪の場合は抜歯になります。』
  • 『歯がなくなると、食事に影響が出ることはもちろん、噛み合わせも悪くなって悪循環に陥ります。』

虫歯が見つかったこともあり、その話がとても現実味を帯びて聞こえました。

そして、恐る恐る質問を返します。

『歯がなくなってしまったら、どうすれば良いんですか…?』

  • 『入れ歯やブリッジ、インプラントという色々な対策があります。』
  • 『ですが、天然歯に勝るものはありませんし、いずれも高額な費用が発生します。』

筆者は思いました。絶対に嫌だ‼︎

虫歯で痛い思いをするのも嫌ですし、何より大好きな食事が思うように出来なくなるなんて耐えられません。

歯科の定期検診は「歯を守る先行投資」

歯科の定期検診は、大切な歯を守るための最初のステップになります。

3ヶ月〜半年に1度のスパンで定期検診を受けることによって、虫歯の早期発見やお口の健康チェックが出来ます。

*詳しくはコチラをご覧ください。

https://www.ebm-dc.com/prevent/

歯科の定期検診には費用が発生します。

別に歯に痛みもないし、どこも悪くないから、大丈夫だろう…。お金が勿体ないよな…。

その気持ち、すごくよく分かります。

筆者も実は先日までそう思っていました。

ですが、想像してみてください。

自分の知らない間に虫歯が進行していて…気づいたときには手遅れ…

美味しく食事も出来なくなり…虫歯が原因で口臭が発生し…そして高額な治療費まで…

そう考えると、定期検診にかかる費用の方がはるかに安価です。

何より、自分の大切な天然歯を守ることにもつながります。
定期検診で『歯を守ること』は立派な自分への投資になるのです。

筆者はその事実に気づいたとき、強く思いました。

『歯、守ろう…‼︎守らなきゃ…‼︎』

大切な一生物の自分の歯。

手遅れになる前に『定期検診』に行きましょう!

最後に

定期検診はもちろん、EBMデンタルクリニックでは、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。

どんなことでも構いませんので、お話ししていただけたらと思います。

ご興味がある方は当HPのフォームからお問い合わせください。

https://www.ebm-dc.com/contact/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

虫歯の治療方法について

2023年11月16日

江戸川橋の歯医者「EBMデンタルクリニック」です!

歯が痛む原因の多くは「虫歯」

歯が痛い!歯医者さんに行かなきゃ!

そんな経験を持つ方は多くいらっしゃいます。

今回も虫歯について正しい知識を身につけていきましょう。

この記事では、進行具合に合わせた虫歯治療の方法をまとめています。

虫歯についての基礎をまとめた記事はコチラからチェックしてください。

C1虫歯の治療方法

虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)または、

インレーという詰め物(金属やセラミック、ジルコニア)で治療します。

C2虫歯の治療方法

虫歯に冒された部分を削り、インレーという詰め物(金属やセラミック、ジルコニア)で治療します。

C3虫歯の治療方法

神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4虫歯の治療方法

多くの場合、抜歯が必要です。

抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

最後に

虫歯が進行してしまうと、最悪の場合、抜歯となる可能性があります。

EBMデンタルクリニックでは、可能な限り抜歯を避ける治療を行っておりますが、早めの受診にもご協力をお願いいたします。

また、定期検診を受ける事で虫歯の早期発見にも繋げる事ができます。

一生物の大切な歯をしっかり守っていきましょう!

虫歯について正しく知ろう

2023年10月24日

江戸川橋の歯医者「EBMデンタルクリニック」です!

今回は「虫歯」について正しい知識を身につけていきましょう。

「虫歯」とは?

歯垢(プラーク)の中の虫歯菌が出す酸によって、歯の表面のカルシウムが溶け出し、歯に穴が開いてしまう病気のことを言います。

歯が痛む原因の多くは「虫歯」

歯が痛い!歯医者さんに行かなきゃ!

そんな経験を持つ方は多くいらっしゃるかと思います。

実は痛みが出始めた時というのは、ご自身で思うよりも虫歯の症状が進行してしまっているのです。

虫歯の進行具合

進行具合は4段階に分けられます。
それぞれの段階について説明していきます。

C1:軽度の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態です。
自覚症状は殆どありませんが、自然に治癒することもありません。

C2:中等度の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。
冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

C3:重度の虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。
熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

C4:最重度の虫歯

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。
神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。

まとめ

一口に「虫歯」と言っても、進行具合により深刻度が大きく異なります。

初期虫歯は痛みも無く、自身で気づくことが難しいです。

定期検診等で早期発見することで、進行を止めることが出来ます。

次回の記事では、進行具合に合わせた治療方法の詳細を紹介していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

江戸川橋駅より徒歩1分

03-5228-4618

【診療時間】10:00〜14:00
15:00〜19:00
※土曜日は18:00まで

【休診日】水曜・日曜・祝祭日

このページの先頭に戻る